お知らせ

4月8日(木)

始業式と入学式を開催しました。

登校時は、新学期が始まる期待と笑顔の顔をみることができました。

【始業式】

 令和3年度前期始業式は、新型コロナ感染症感染予防対策により、全体で集まることはしないで、児童生徒は教室の席に着き、放送による話をきく式となりました。校長の顔は、担任の先生に、事前に顔プリントを各教室に掲示して見てもらいながらの校長挨拶となりました。始業式後、何人も児童生徒が校長室にご挨拶に来てくれました。本当にありがとうございました。ご挨拶もしっかりとできて、とてもよかったです。

【入学式】

 今年度の入学式は始業式と同様の理由により、次第等を工夫して、来賓はお招きを控え、歌は拝聴のみ。また、密を控えるために、小中学部と高等部の式を分けて二部制での開催としました。児童生徒のみなさんや保護者の皆様には対策の主旨をご理解をいただき、大変感謝申し上げます。早く感染症予防対策の確立がされることを祈念しています。

児童や生徒の皆さんは、早く学校に慣れて友達と仲良く、勉強や遊びに活気ある活動ができるといいですね。

お知らせ

  着任のご挨拶

>>>「明るく 仲良く 学ぶ 浦和っ子」を目指して<<<<

                      校長 髙野(たかの) 公夫(きみお)

令和3年4月1日、前任の大村勝幸校長先生の後任として着任しました 。どうぞ、よろしくお願いいたします。本校は、昭和56年に知的の養護学校として開校しました歴史ある学校です。開校以来、知的障害のある児童生徒が、将来にたくましく生き抜くことができる「確かな力」を身に付けられるよう教育活動を進めてまいりました。本年度の児童生徒数は、通学区域再編により小学部97名、中学部55名、高等部72名、全校児童生徒224名でスタートしました。

 さて、令和3年度本校では、目指す学校像である「児童生徒の主体的に生きる力を確実に伸ばし、地域社会の中で豊かに暮らし、元気で活気のある学校」の実現に向けて、重点目標として、

1学びの連続性及び個々に応じた指導の充実

 ⇒「新学習指導要領に沿った指導・支援方法の充実・確立」

2自立と社会参加に向けたセンター的機能の発揮及び保護者との連携

 ⇒「保護者との信頼関係・協力体制及び相互理解・認識」

3安全・安心かつ教職員に活力のある学校環境づくり

 ⇒「安心・安全の確保、働き方改革の推進」

4キャリア教育の充実⇒「小中高の一貫・継続した取組、共通理解・認識」

を定めました。これから、新型コロナ感染症感染対策をしっかりと行ないながら、教職員全員で力を合わせて教育活動を展開してまいります。これまでと同様に、保護者の皆様並びに地域の皆様、関係機関の皆様のご支援とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。簡単ながら、着任のご挨拶とさせていただきます。